HOME 刀剣 将官 94式軍刀拵

将官所持94式一鐶目軍刀外装

特注の巨型鍔 珍稀極上名品

詳細説明:

日本陸軍の将官が所持していた94式軍刀拵です。

切羽~鍔の打刻番号は元より無いも完全揃 透かし鍔は大型で豪壮無比! 鍔の表面全長は何と 8.2×6.7×厚み1cm!柄の親鮫は太刀造り仕上 4枚切羽「中切羽×2枚は銅巻仕上」 駐爪「安全装置のボタンは完全」式 駐爪のかかりは抜群に良い 猿手金物付 各部金物の鍍金は抜群に残っている! 鞘は薄茶光沢塗装95%残 全長92.5cm 柄全長22.5cm 木製刀身付
揃将官刀緒は通常の刀緒に比べ長めの942環目軍刀用「平打絹織製の極~美品」付 極めて上品な細身の太刀型軍刀 外装に相反して透かし鍔は
豪壮無比! 特注調製の高級軍刀外装です! 欠品等一切無しで柄糸も含む至って極美品

 

備考:

昭和の時代に入り、日本は次第に軍国主義的色彩が強くなった。

国内世論も民族主義の風潮が昂まってきて、国軍創設以来サーベル形式であった軍刀もその影響を受けるようになった。
昭和7年、陸軍は下士官・兵用三十二年式軍刀・乙の柄を日本刀形式に改訂した(三十二年式軍刀改)
これは柄のみ日本刀形式であって、鞘は従来通りのサーベル形式であった。
昭和9年(1934)214日、皇室令第三號で大元帥陛下の新御佩刀と、勅令第二十六號で陸軍の一般将校用新軍刀が制定された。
西洋サーベルから日本の太刀を模した新たな外装への転換だった。
これが大元帥陛下の新御軍刀であり、これと形状を同じくした陸軍将校用の制式軍刀(通称:九四式)である。
陸軍記念日の310日施行となった。外装は古来の太刀を現代的にアレンジしたもので、二佩鐶を持つ完全太刀型軍刀であった。

将官刀緒付

参考出品

PAGE TOP