HOME 刀剣 刀 濃州関兼高

特注の巨型鍔 94式軍刀

江戸時代 初期 美濃の三阿弥派の代表工

銘  (濃州関兼高

詳細説明

本刀の作者である兼高は濃州とある通り、美濃の三阿弥派の代表工。おそらく銘振、鑢目から陸奥守兼高だと思われますが、兄である武蔵守兼高かもしれません。鷹羽の鑢目も珍しい方ですが、銘の『濃』の形もまた独特です。現代のデザイン性を強く感じます。もしかするとこの兼高は、ちょっと面白い、遊び心やユーモアにあふれた刀工だったのかもしれません。


94式軍刀拵の鍔、切羽6枚、縁、駐爪には「10 ☆」の刻印が見られました。 ☆星の刻印は製作された工房の商標刻印と思われます。 大切羽2枚が見あたりませんが、失われたのでは無く、鍔に大切羽を顕した彫刻 が見られまいた。もちろん、柄と刀身、鍔にガタつきは有りません。 94式軍刀拵の特徴である、第二佩鐶は蝶番式で分解可能で、着脱出来る機構と なっています。 3連桜の目貫には家紋がみられました。駐爪も正常に作動します。


当時の研ぎのままとしたら、非常に状態の良い御刀です。 鍛えの傷もほぼ見られず、鞘当たり、等は見られますが、 刃切れ、曲がり、フクレなどは見当たりませんでした。

刃長: 235分 反り:55 
元幅:31.8cm 元重:8.2cm 

先身幅: 25.6mm 先重ね: 6.2mm 中心(なかご): 19.30cm 

SOLD OUT

:美濃
時代:江戸時代 初期

登録証

木県
昭和2633
0

鞘: 鉄鞘、国防色。グルメット(剣吊り)による塗りの剥離、当たりが見られました。 第二佩鐶は蝶番式で分解可能です。 

柄: 鮫皮、柄糸も柄木も状態の良いものと思います。

鍔、切羽: 鍔1枚、切羽6枚、縁、駐爪に、「10 ☆」の刻印の揃いです。 大切羽は、鍔に彫刻されています。鍔は透かし鍔で、通常の軍刀鍔の倍近い厚みがあります。(約8.3cm 厚約:1.0cm!

目貫: 三連桜。家紋有り
はばき: 銅地、金鍍金 

姿  : 京反り

刃文 : 沸の付いた直刃

地肌 : 板目肌

鋩子 : 中丸

WechatIMG114.jpeg


PAGE TOP